写真を飛ばす演出で「写真が飛んでこない」原因はポケットWiFiかも?

通信環境チェック

みなさんこんにちは!

近年結婚式披露宴・二次会・イベントなど様々なエリアで人気を集めている写真を飛ばす演出ですが、実施するにあたって「写真が飛んでこない」や「写真が飛んでくるのが非常に遅い」などトラブルが起きてしまうことがあります。

その際に一番多いのが、会場の通信環境の問題です。
写真を飛ばすサービスは、スマートフォンとパソコンを繋ぐサーバーとの通信が非常に重要になるサービスなので、通信環境が悪いとスクリーンに写真が飛んでこなかったり、大幅に遅れたりしてしまいます。

今回は、同様のトラブルを少しでも減らし未然に防ぐことができるお手伝いをするために、通信環境について掘り下げていこうと思います♫

通信接続の種類とは?

まずは、通信接続の種類です♫

通信接続は、大きく分けると以下の2種類があります。

  • 有線接続
  • 無線接続

有線接続は、LANケーブルをパソコンに直接繋げる方法で、このケーブルを通してインターネットに接続します。
通信も比較的安定しますし、大容量の通信でも問題ないので、Smile Memoryは有線接続を推奨環境としています。

無線接続は、その名の通りLANケーブルを接続せず無線でインターネットに接続する方法です。
WiFiといえばみなさん親しみのある言葉かもしれません☆
ケーブルがいらないので非常に便利ですが、有線接続に対して通信が安定しないこともあります。

実際にあったケースをご紹介!

種類の区別がわかったところで、実際にあったケースを元に対策を考えていきましょう♫

今回例としてご紹介するのは九州のとあるホテルにて。
本番前のテスト段階で写真の投稿テストを行なっていたところ、何度投稿しても写真がスクリーンに映し出されるまで10秒ほどかかるのです。
そういった場合は、すぐに会場の通信環境を調べるのが鉄則です!

今回の会場は、会場の都合上有線接続を使うのが困難ということで、WiFiで実施することとなりました。

ルーターを用意してWiFi接続を試してもダメだったので、ポケットWiFiを使うことにしました。

使っていたポケットWiFiはかなり優秀で、キャリアが提供している情報では理論値220Mbpsの高速通信ができるはずでした。
しかし、問題は依然変わらず。

不思議に思い、ブラウザ上でできる簡易な通信速度テストをしてみたところ、出てきた数値にびっくりしました!
数値は2.5Mbpsで、本来出せるだけの能力を全く発揮していませんでした…
通信速度は、曜日や時間帯などで変化する回線の混み具合によっても大きく左右されるので、大事なのは理論値ではなく実際の速度なんです!

また、ポケットWiFi電波は建物などの障害物の影響を受けやすいので、置く場所を変えるだけでも改善する場合もあります。

とにかく問題を解決しなければならないので、他のキャリアのWiFiを試すなどの対策をとりました!
テストの段階で問題を発見できたのが不幸中の幸いでした…(^▽^;)

もちろん「写真が飛んでこない」のは通信だけが原因な訳ではなく、パソコンの使用状況なども含めて色々原因を探っていかなければなりません!

本番実施前に必ず会場テストを!

今回の記事で一番ハッキリと申し上げたいのは、必ず会場での事前テストは行なってください!ということです。

テストをすれば様々な類の問題を発見でき、本番をより良いものにすることができます。

今回ご紹介したケースのように、データだけではリアルな状況は把握できません。
本番と同じ状況で実施してみて初めてわかる事もあります。

披露宴・二次会・イベントを盛り上げるための演出がトラブルで失敗すれば元も子もありません!

ちなみに弊社のSmile Memoryは、会場テスト用のアカウントを本番用とは別に発行していますので、ぜひ活用してください!

 

お問い合わせ

友だち追加

スマホで閲覧いただいている方は、
上のボタンからLINEを起動して
お問い合わせいただくこともできます。

電話・メール・お問い合わせフォームなど
その他のお問い合わせ方法はこちらのボタンをクリック!

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.